Menu
HOME>オススメ情報>妊娠中だけではなく出産後の肌のケアにも役立つクリーム

特徴を比較して選ぼう

基礎化粧品

妊娠中は日に日にお腹も大きくなっていきますので、急激な変化に皮膚が耐えられずに肉割れを起こしてしまうこともあります。いわゆる妊娠線はお腹だけではなく、バストや太ももにもできるので注意が必要です。妊娠線の発生はできるだけ防ぎたいところですが、そのためには体重を急激に増やさないこと、肌が乾燥していると肉割れが出やすくなりますので保湿ケアをきちんと行うことが大事です。一般的なボディクリームでも保湿ケアはできますが、よりしっかりと予防するなら専門の妊娠線予防クリームを選ぶことがおすすめです。妊娠線予防クリームはテクスチャーも商品ごとに違いがありますし、香料入りと無香料があります。さらに肌質によっても選ぶものは変わってきますので、それぞれの肌質に合うものを選んでいきましょう。配合されている成分や添加物、美容成分なども商品ごとに違いますので、じっくりと比較して選びたいところです。

安心して使えるものを選ぼう

基礎化粧品

香料入りは癒し効果も期待できますが、妊娠中は普段よりも匂いに敏感になっていますのでより安心して使うなら無香料を選ぶことがおすすめです。さらに、普段よりも肌が敏感になりやすいことやお腹の赤ちゃんへの影響も考えて、安全性の高いものを選びましょう。肌が荒れやすい場合は敏感肌タイプが安心ですし、無添加のものなら負担となる成分は極力カットされています。妊娠線予防クリームは塗る時はあまりにテクスチャーが固いと塗りにくくなりますので、柔らかめで良く伸びるテクスチャーを選んでおくことがおすすめです。

出産後のケアにも使おう

基礎化粧品

妊娠線予防クリームは、妊娠中に使うことはもちろんですが、出産後のたるんだ肌の引き締めも必要です。それゆえ、妊娠中だけではなく出産後のケアにも役立つタイプを選んでおくと良いでしょう。妊娠線予防クリームはお腹が目立ってきてから使うという人も多くなっていますが、よりしっかりと妊娠線を予防するならお腹がまだあまり目立っていないうちからケアをしておくことがおすすめです。過剰に力を入れる必要はありませんので、優しいマッサージを心掛けましょう。

広告募集中